かのやとKANOYA

太宰府天満宮参道。
創業70年の老舗梅ヶ枝餅屋「かのや」と KANOYA Shokudou&Chaya は
太宰府天満宮参道にお店を構えています。

店先で梅ヶ枝餅を1つ1つ包んで手焼きしている「かのや」の奥に、
昔、天満宮の参拝帰客が立ち寄った食堂だった場所があり、
この場所で3代目がフレンチと日本茶と梅ヶ枝餅が楽しめるお店をはじめました。

「かのや」の梅ヶ枝餅は、
職人により1つ1つ手作り、手焼きしています。
生地には厳選した国産もち粉と米粉を使用し、
中には国産小豆を使用しています。
甘さを控えめにした上品な餡子を
もちもちの生地でくるみ、
香ばしくサクッと仕上げています。

KANOYAのこと

昔、天満宮の参拝帰客が立ち寄った食堂があった場所で
フレンチと日本茶のレストラン「KANOYA Shokudou & Chaya」をオープンしました。

昼と夜は「SHOKUDOU」、
ティータイムは「CHAYA」。
旬の食材を使った料理と日本茶をお楽しみいただけます。

Chef
加野 正洪
太宰府出身

神宮前 Restaurant-I、フランス ニース Restaurant Keisuke Matsushima、六本木 CROSS TOKYO などで研鑽を積む。

2018年 かのやを受け継ぎ、KANOYA株式会社設立

2019年 リニューアルし、KANOYA Shokudou & Chayaをオープン